About Wines (2017 vintage)

 

Green Songs Atamai  Sauvignon Blanc 2017 

ニュージーランドのソーヴィニヨン・ブランらしいフレッシュな香り、特にグレープフルーツ系のトーンが昨年より強く感じられます。昨年同様ドライスタイルですが、果実由来のほのかな甘味とともに、心地よい酸がじんわりとこみ上げてきます。ただ、単に爽やかなだけではなく、落ち着いたふくよかさをフィニッシュに感じることができます。除梗・破砕後、数時間プレスの中で、スキンコンタクトをしてから搾汁し、清澄後、低温でゆっくりと発酵させました。

アルコール度数 12.5%

残糖 6g/L

Atamai Village Funky Sauvignon Blanc 2017 

ほのかな樽香で始まり、爽やかさとクリーミーさを兼ね備えた絶妙な味わい。しっかりしたボディにアタマイの特徴であるきれいな酸もきちんと残った辛口タイプ。

ぶどう畑内のワイルドブロックのソーヴィニヨン・ブランを使用。100%樽発酵、100%マロラクティック発酵、100%樽熟成による香りや味の複雑味を楽しめるソーヴィニヨン・ブラン。2017年はより自然なワイン造りを志向し、無濾過でボトリング。

アルコール度数 13.3% 

残糖 0.5g/L以下

Green Songs Atamai Pinot Gris 2017 

これまでのどのビンテージよりも数値上はドライでエレガントな仕上がりとなりました。フローラル系、特にバラの花びらのような香りが、例年に比べて際立って感じられます。口に含むと、まずは酵母由来のクリーミーさ、そして、程よい甘みを感じた後にピノ・グリらしい苦味でフィニッシュします。2016年同様、全房プレス後にマセレーションすることなく発酵させました。果実由来の甘み、酵母のうまみを活かしながらも、よりエレガントな香りを意識したワイン造りを行いました。

アルコール度 12.6% 

残糖 4g/L

Green Songs Atamai Dry Riesling 2017

アタマイの土壌、微気候から生み出される酸、アロマを全面に押し出したドライスタイルですが、例年と比較すると、ややボリューム感があります。青りんごのような香りで始まり、土壌由来の酸と苦味のバランスがよく、余韻もしっかりしています。全房プレス後にステンレスタンクで発酵に入り、低温発酵かつ澱からの抽出を意識し、華やかなアロマを持つリースリングに仕上げました。例年はさらにドライなスタイルが特徴となっていましたが、今年のビンテージは、酵母が酸と甘みのちょうどいいバランスのところで、自然に発酵をスローダウンさせたため、そこで発酵終了としました。

アルコール度 11.5%

残糖 9g/L

Green Songs Pinot noir 2017

ワイパラ平野部に広がるオーガニック認証も受けたヴィンヤードの葡萄を使用。樹齢は17歳(2017vtg現在)、115や777などのディジョン系クローン、クローン5、10/5、Abelなどの各種クローンが混植されたヴィンヤードです。

 

収穫後に除梗後破砕せず低温浸漬。培養酵母無添加での発酵が終了後、2週間の浸漬を経てプレス。フレンチオーク樽で約1年熟成。新樽比率は約3割。無冷温処理、無濾過、CO2濃度を高めで軽い濁りを残した状態で瓶詰めしました。添加SO2も瓶詰め前だけに極小に留めました。

 

土のような香りが特徴、口に含むとプチプチと弾けるような感覚があります。雑味のないタンニンが口の中に長く残ります。優しく優しく抽出することに専心してパワフルさよりもキレイさを重視したワイン造りを心がけました。

アルコール度 12.8%

About Label

 

ワインのラベルは、家族の協力で出来上がりました。妻クニコと弟ジュンがデザインをしています。色彩はブドウ品種の持つ特徴的な色を表現しています。ソーヴィニヨンブラン(萌黄色)、ピノ・グリ(すみれ色)、リースリング(山吹色)の3種類です。背景にある模様は「コウヘイ」の家紋である「二つ巴」が形取られています。「二つ巴」の中には、このワインが生み出されるアタマイ・パーマカルチャーエコビレッジを構成する各要素が散りばめられています。「二つ巴」からは、東洋的な「陰陽」が連想され、このワインを取り巻く月と太陽、動物と植物、気候と土壌とのつながりを大事にしながら、持続性循環性の高いワインづくりを行っていきたいという思いが込められています。

Vintage Report 2017 

<全体のテーマ>

4年目となる2017年は、「グリーンソングス」としての初めてのぶどう栽培、ワイン造りでした。原点回帰として、畑でのぶどうのお世話に徹底的にこだわりました。結果母枝の位置、新梢の間隔、房の数などこれまで以上の精緻な管理に努めました。結果として観測史上初めてニュージーランドに3つの台風が来た年でありながら、とても満足のいく高品質のブドウを収穫することができました。

<天候とブドウの様子>

2017年シーズンは、冷夏、低日照、サイクロンの上陸など厳しい年と言われていますが、過去3年間のわたる丁寧なぶどう畑の管理が功を奏し、また収量をしっかり押さえたことで、理想的な登熟を達成することができました。

 

<収量>

収量の多かった2016年に比べると、2割ほど少ない、例年並みの収量でした。グリーンソングスの畑のブドウは、際立って粒が小さく、風味がしっかりしているのが特徴でした。

収穫日

2017年4月1日 曇り☁︎ Pinot Gris

2017年4月8日 快晴☀︎ Sauvignon Blanc

2017年4月10日 快晴☀︎ Riesling

GREEN SONGS facebook page

  • Facebook App Icon

Copyright © 2014 greensongswine.com, All Rights Reserved 

atamaiSB_2017ラベル