information

ワイン王国N0.88

ワイン王国N0.88 2015/08/05 「新たな可能性を拓いた、日本人栽培醸造家のニュージーランド産プレミアムワイン」 日本人栽培醸造家・コウヘイ氏が手掛ける、ニュージーランドのプレミアムワインが昨年10月にリリースした。リリース後初めて来日したコウヘイ氏を招いたイベントが東京・恵比寿のカフェパークで行われ、そのワインの魅力に参加者たちは酔いしれた。(記事抜粋)

朝日新聞 2015/07

朝日新聞 2015/07 「初の商品 故郷に紹介」 ニュージーランドでブドウを栽培し、ワインを醸造している。初めて発売した3種類のワインを紹介するため、12日、東京大学卒業以来初めて故郷の青森市を訪ねた。ーー母方の本家が山形県の造り酒屋で、実家も杜氏の家系。07年に帰国したが、ロンドンでのワインの味が忘れられず、30台半ばの11年末に家族とともにニュージーランドへ。「一度きりの人生。直感で決めた。行けば何とかなるだろう。だめでも何かすれば食ってはいける」。妻の邦子さんも「いいじゃない」と後押ししてくれた。ーー22日から来年のワイン造りに向け、剪定作業が始まった。「日本から旅行に来た人に立ち寄ってもらいたい。一緒にワインを飲んだり畑作業をしたりして、人と人のつながりを増せればいい」(記事抜粋)

読売新聞 青森県版  2015/06/30

読売新聞 青森県版 2015/06/30 「ワイン造り 家族とNZへ」 青森市出身の小山浩平さん(39)は2011年にニュージーランドに渡り、自ら栽培したブドウを使ってのワイン造りに汗を流している。「一度きりの人生、好きなことをしたい」。妻の邦子さん(41)、娘の萌歌さん(11)と支え合いながら、夢を追い続けている。ーー「1年のうち11ヶ月は畑にいます」。ほとんどが孤独な作業だが、ブドウ収穫の3日間は延べ約70人がボランティアに来てくれる。14年10月に初出荷したワインのラベルは妻の邦子さんがデザインするなど家族の後押しも大きい。「天気の良い日にはブドウの木と対話する。ワインを飲みながらみんなでワイワイやるのも楽しい」。先日青森に帰郷した際に、ふるさとから遠く離れた地での活躍ぶりを笑顔で語ってくれた。(記事抜粋)

食品産業新聞 2015.6

食品産業新聞 2015/6/8  NZワイン「アタマイビレッジ」小山浩平氏迎え、初試飲セミナー生産者来日セミナー / サザンクロス 「土地からもらったものは土地に還す」というポリシーを掲げ、ヴィンヤードで使ったものはコンポストにしてヴィンヤードに返還。雑草管理と肥料には、ビレッジ内で飼われている200 頭の羊を活用し、良質の菌を含む搾りたての無殺菌牛乳を使い、病害虫を抑制する。まさに自然と共生したワイン造りを実践している。 ーーー今年の収穫は3月~4月にかけて行った。 「2015 年は天候の変動がジェットコースターのように激しく、収量は3割減となったが、逆に高品質なぶどうが収穫できた」と振り返る。今年は、パーマカルチャー手法を活用し、不耕起・無化学農薬栽培を実施するとともに、樽発酵などにも取り組んでいる。(記事抜粋)

ワイナート2015 Summer NO.79

2015/6/5 ◆ワイナート2015 Summer NO.79  「ワイン産地マップ」P53 Atamai Village Sauvignon Blanc 2014 2014年、ネルソンのエコビレッジで日本人醸造家、小山浩平が設立したワイナリー。

東奥日報

東奥日報 2015/05/03 「NZでワイン醸造の夢」 NZでワイン醸造の夢。小山さん(青森県出身)金融マンから転身。青森市出身で、昨年からニュージーランドでワイン造りを始めた小山浩平さん(38)が6月、本県に帰郷し試飲会を開く。有機栽培で造る白ワインは県内でも販売されており、東大出身で国債金融マンからの転身という小山さんの個性的なプロフィールも相まって、ファンの間で話題となっている。試飲会は中学の同期生の飲食店経営者らが全面的にバックアップ。若手栽培醸造家の夢への挑戦にエールを送る。(記事抜粋)

新報道2001  2015/05/03

新報道2001 2015/05/03 フジテレビ|新報道2001でアタマイビレッジが紹介されました。アタマイビレッジについて、アタマイビレッジワインについての報道されました。

dacapo

dacapo 2014/06/05 「アタマイビレッジのパーマカルチャーエコビレッジワイン」 株式会社サザンクロスのアタマイビレッジ訪問時のコラムを掲載して頂きました。

GREEN SONGS facebook page

  • Facebook App Icon

Copyright © 2014 greensongswine.com, All Rights Reserved 

朝日新聞 2015/07

朝日新聞 2015/07 「初の商品 故郷に紹介」 ニュージーランドでブドウを栽培し、ワインを醸造している。初めて発売した3種類のワインを紹介するため、12日、東京大学卒業以来初めて故郷の青森市を訪ねた。ーー母方の本家が山形県の造り酒屋で、実家も杜氏の家系。07年に帰国したが、ロンドンでのワインの味が忘れられず、30台半ばの11年末に家族とともにニュージーランドへ。「一度きりの人生。直感で決めた。行けば何とかなるだろう。だめでも何かすれば食ってはいける」。妻の邦子さんも「いいじゃない」と後押ししてくれた。ーー22日から来年のワイン造りに向け、剪定作業が始まった。「日本から旅行に来た人に立ち寄ってもらいたい。一緒にワインを飲んだり畑作業をしたりして、人と人のつながりを増せればいい」(記事抜粋)