Cold Stabilization


3ヶ月の熟成期間を経て、ピノ・グリを樽からステンレスタンクへ移動させました。落ち着いたトーンです。 そこから、タンクを氷点下以下まで持っていく「ColdStabilization」というプロセスに入っています(写真のタンクの表面ついているのは、氷~。北半球の皆さん、冷たい風をどうぞ!) これは、ボトリング前の大事なプロセス。といっても味に関わるというよりは、どちらかというとワインの見た目に関するプロセス… 冷蔵庫などで冷やし過ぎたワインボトルの底に、結晶(ワインクリスタル)が出来ないようにするためです。 昔このプロセスが無い時代には、ワインが結晶化することを知らない消費者から、ワインの底にガラスが入っているというクレームが相次いだため、それを防ぐためにスタンダード化されたプロセスです。 いずれにしても、ワインにはしばらく落ち着いていてもらいます!


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square